トラブルは絶対起きる

業務委託をしていて、解約したいという相談は、年々増加傾向にあります。多くの方が、フリーで働けるようになったこともありますが、その多くは、契約書をよく確認せずに契約してしまったということで、トラブルに発展する場合がほとんどになります。

・口約束の罠
多くの方が勘違いされているのが、契約という合意の上でなされるもので、書類の交付によってなされるものではないということです。
基本的に、口約束であっても、契約というのは交わされ、書類というのはその確認の事項というだけの話になります。
この口約束の場合は、トラブルの種に非常になりやすいです。
なぜならば、細かいところまではお互いに覚えていないという事になりますので、一般人がこういった事態に追い込まれてしまった場合、解決するのにはそれ相応の努力が求められます。
一番いいのは専門家を間に挟むことでしょう。

・しっかりと確認する
業務委託の契約を交わす際に、よく目を通さずに契約してしまったなどの理由で、解約時にトラブルへと発展することがあります。
基本的に契約というのは、お互いが合意した上で契約を交わしたというものになりますので、書面にサインしたしてないはあまり関係のないこととなります。しかしながら、それに合意したという確認の形で契約書というのは存在しています。
もしも、契約前だというのであれば、書類に書かれている事項をしっかりと把握し、質問なども出来る限りしていったほうがいいでしょう。

・困ったら相談する
最終的には、専門家を間に挟んで交渉をするというのが、一番スマートです。この場合の専門家というのは多くの場合弁護士になると思います。
そもそも、契約というのは法的な力が関わるものですので、弁護士を間に立てるというのは珍しいことではありません。
大きな契約の場面では、弁護士等を代理として出席させ契約を交わすという方法を取っている企業も珍しくなく、大きい会社であるならば、当然のこととしてあります。
費用のかかってくる話ですが、第三者を立てるというのは重要な事項です。

兎にも角にも、行くところまで行ってしまったのであれば、専門家を間に挟んでしまったほうが、傷が小さく済むと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です