しっかりと確認する

業務委託に際して、よく聞く問題が解約時の交渉事です。
契約書によく目を通さずに契約してしまったことで、不利益を被ってしまうということは、他人事ではありません。

基本的には、契約というのは、合意の上で交わされたことになります。
なので、もし不利益な条件で契約してしまっても、それに対して一度は合意してしまったという結果がついてまわるものなのです。

多くの場合は、違約金を支払うという方法で契約を解除するというのが多いのですが、これでは結果的に不利益しか残りません。
これを回避するためには、しっかりと契約書に目を通さなくてはなりません。

この契約書なのですが、決まった文法などはなく、また文字ばかりが羅列されているもので読むのは非常に煩わしいことかと思います。しかし、この段階でしっかりと条件を把握し、質問をしていかなくてはいけないので、ここをすっ飛ばすことは出来ないと考えてください。
逆にこの時間さえしっかりと取ることができれば、自分自身が不利益を被ることは、限りなく少くなります。

悪い業者は、さっき説明したことを書面にしたものだから、とりあえずサインだけ頂戴など言ってきます。
良い業者の場合は、もう一枚は自分で管理してくださいなど、コピーを取って渡してくれます。

もしも、不利益を被った状態で解約したいと思うのならば、弁護士さんに相談してみるのが一番簡単にすむ方法かと思います。
もちろん相談料など費用のかかってくる話にはなってきますが、そこは社会勉強の授業料だと思って我慢するしかありません。
第三者を挟むことで、問題は素早く解決することとなります。

繰り返しにはなりますが、それが嫌なのであれば、しっかりと確認をすることが大事です。
面倒だと思わずに、質問やコピーをもらうなどの対策を講じておくのも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です